名東区の整体シナケアのお得なクーポン

初回限定治療費割引

 

総合治療院シナケア
総合治療院シナケア

■住所
〒465-0093
名古屋市名東区一社一丁目
100番地
エパーグレースビル1F
GoogleMapはこちら
■TEL:052-703-5589
■受付時間:
・月~土曜日:
├午前09:00~12:30
└午後14:00~21:00
・日曜09:00~18:00
■休診日:祝日
■アクセス
最寄駅:地下鉄東山線「一社駅」
2番出口より徒歩2分
当院は完全予約制となります。
ご来院の際は事前予約をお願いいたします。

  • リクルート情報

ブログ 姿勢とゆがみ外来

【股関節の痛みを治すためには】 名東区 一社 シナケア

◆ある50代女性の『股関節痛』体験記

 

 

その痛みは、ある日突然やってきました。

 

いつもどおりに買い物にでかけ、

いつもどおりにお気に入りのスニーカーを履いていました。

いつもどおりにカートを押しながら、

いつもどおりにお野菜を選びます。

 

そんな時、左足に体重をかけながらふと方向を変えようとしたその瞬間、、、

 

 

「ズキっ!」

 

 

一瞬、左足の付け根に激痛が走るのを感じました。

今までには感じたことのない痛みです。

 

そこから違和感が始まりました。

おかしいな、、と思いながらも様子見ながら過ごしてはいましたが違和感は一向に解消されません。

 

雑誌などで見つけたストレッチを試してみましたが特別変化はありませんでした。

それどころか、股関節がズレているような感覚が日増しに強くなりました。

 

そんな中で、随分前から約束していた旅行へとでかけます。

友達との楽しい京都日帰り旅行。

 

「そうだ、京都行こう in 2019」

 

喋りながらだと違和感のこともなんとなく忘れられていました。

いろいろなお寺を回るため、気づけば2万歩近くを歩いていました。

 

大丈夫かな、、

 

寝る前に、ふと不安がよぎったその翌朝、事態は一変します。

朝起き上がり、一歩を踏み出したその瞬間、

 

「グキッ!!!」

 

再び激痛に見舞われた左足は、明らかに今までとは変わってしまったのが分かります。

 

その日を境に、股関節の痛みは日常的に続くこととなります。

 

一歩一歩、歩くたび股関節に痛みが走ります。

長時間歩いたり、立ちっぱなしの姿勢が続いたりすると痛みは太ももからふくらはぎにかけて広がってくるようになりました。

 

階段を上るとき、片足だけでは体を持ち上げることができなくなり、手すりで支えなくてはならなくなりました。

 

座っていて立ち上がると、痛みで脚が真っ直ぐになりません。

 

ストレッチはおろか、あぐらもかけません。

 

車の乗り降りは悲鳴が上がります。

 

浴槽をまたごうとするたび、手で脚を抱えあげなくてはなりません。

 

日常に起こる様々な動作で痛みを感じてしまいつらい日々が続いていました。

 

 

そんな時、テレビで股関節手術のシーンを目にします。

 

「私の股関節、、一体どうなってしまうんだろう、、、」

 

大工道具を使って骨を削るシーンに不安は恐怖へと変わってしまいました。。。。

 

◆股関節痛の原因

 

股関節の痛みには様々なタイプがあります。

それぞれに直接的な原因があるのですが、

特に注意しなければいけないのが骨同士の接触によって起こる痛みです。

 

この状態を放置すると骨同士が擦れ合い、その部分が変形してしまうことになります。

その状態を「変形性股関節症」といいます。

 

残念ながら、一度変形した骨は自然には元には戻りません。

そのため、変形が限界を超えてきた段階で先程の手術が必要となってしまいます。

 

ですが、痛みや違和感が出たからと言って、すぐに変形が起こるわけではありません。

違和感などを年単位で放置しながらごまかしつつ過ごしていく中で、

徐々に変形が進行していくのが一般的です。

 

今回のように違和感を感じて間もない症状の場合、

多くは股関節周囲の筋肉トラブルによって起こっています。

 

この場合、筋肉の状態を改善してあげられることができれば、手術を行わなくとも股関節の痛みを治すことができます。

 

◆股関節痛の根本原因

 

股関節の痛みの原因が、周りの筋肉トラブルだとした場合、

その筋肉トラブルにも原因が存在していると考えなければなりません。

 

つまりはそれこそが、

股関節の痛みの根本原因となります。

 

それには日常生活のクセが大きく関係しています。

 

立ち方、座り方、歩き方、、、などなど

 

そしてそれらに影響を及ぼしているのが、

 

足の歪み、骨盤の歪み、背骨の歪み、などです。

 

痛みの原因である筋肉のトラブル。

それを引き起こす日常のクセ。

その根本には体の歪みが存在しています。

 

股関節の痛みの改善には、その根本原因である体の歪みの解決は必要不可欠なのです。

 

長くなってきましたので、今回はここまで。。

 

 

▶次回予告

股関節の痛みにつながる具体的なゆがみとチェック方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

貴方がもし股関節のお痛みがなかなか治らず不安をお感じになられているようでしたら、

ゆがみと痛み改善のプロであるシナケアに一度ご相談ください。

 

ゆがみの状態を丁寧に診断させていたいた上で、

改善するための具体的な方法やアドバイスをお伝えさせていただきます。

 

不安を感じるその痛み、

『治るための治療院』にお任せください。

 

股関節痛が手遅れになる前に

適切な治療はもちろんのこと
日常生活への適切なアドバイス
その相乗効果が魅力です

痛みと不調外来はこちら

【長時間の運転後に起こる腰痛を治すには】名東区 一社 シナケア

◆ある40代男性の腰痛体験記

 

GWは毎年実家のある東京に帰省していました。

今年はなんと10連休。

 

両親も孫の顔を見るのを楽しみにしています。

また自身も久しぶりに参加する同窓会を楽しみに車に乗り込みました。

 

ナビの渋滞情報によれば東名、新東名、共に高速道路は大渋滞

ただ、それも毎年のことと覚悟を決めめETCゲートをくぐりました。

 

案の定、渋滞に巻き込まれること数時間、、、

特に今年の渋滞は格別でした。

サービスエリアも大渋滞、

車から降りられたのは前半の一回だけでした。

 

それでもようやく目的地に到着。

車から降りようと思ったその瞬間、、、グキッ!? イテテ、、、

 

その後時間と共に腰痛はみるみる悪化。

 

起き上がるのも困難なほどになり、

結局連休を寝て過ごすことになってしまいました、、、

 

 

◆運転後の腰痛

 

少し前になりますが、連休明けは決まって腰痛が悪化して来院される方が多くいらっしゃいます。

 

理由は様々あるのですが、

中でも多いのが長時間の運転の後におこった腰痛です。

 

長時間の運転時に起こる腰痛の多くは腰の筋肉の疲労によって起こります。

 

このとき腰にはどんな事が起こっているのでしょうか?

 

どうして座っているだけなのに腰の筋肉は疲労してしまうのでしょうか?

 

今回はその腰痛の正体(メカニズム)を紐解いていくことで、

その腰痛を予防する方法をみつけて行きたいと思います。

 

 

◆腰は宙に浮いている

 

結論から言えば、

運転しているとき、

腰の背骨は、中に浮いた状態になっています。

 

そして、

腰の筋肉は、その浮いた背骨を支えるために常に頑張り続けているのです。

 

具体的にどういうことか?

今回は手書きのナイスな図で説明させいただきます。

 

 

椅子に座った時、

特に車のシートに座るときは背中を持たれかけさせて座る方がほとんどかと思います。

 

背中がもたれる(頼る)ものがあることで、長時間の運転の疲れを軽減させてくれています。

 

では、今回のテーマである腰はどうなっているのでしょうか?

 

図の赤い三角部分にご注目ください!

 

腰とシートの間に隙間(赤い三角部分)ができてしまっているのがお判りいただけるかと思います。

この隙間によって、もたれるものもないまま、宙に浮いた状態となっています。

 

当然、腰の骨にかかる体重は、隙間の空間へと落ちていこうとしてしまいます。

その時、腰の背骨にはへし折れるようなストレスがかかり続けるわけですが、
これが折れてしまわないように支えているのが腰の骨を支えている筋肉たちになります。

 

筋肉の気持ちになって想像してみてください。

腰にかかる重みを支えながら数時間。。。

そりゃー辛いですよね。

 

そうして疲労した筋肉は固くこわばっていますから、
目的地に到着後、急に動いた際に筋肉が急に引き伸ばされた際にうまく伸びることができず、
筋肉に小さな肉離れが起こってしまったのです。

 

これが、今回の長時間運転後に起こった腰痛の正体(メカニズム)になります。

 

 

◆背もたれならぬ『腰もたれ』

 

では、今回の腰痛をどうしたら防ぐことだできたのでしょうか?

答えは簡単です。

 

背中だけではなく、

腰にも頼る相手、

もたれ掛かる相手を作ってあげればいいのです。

 

車のシートと腰の隙間の空間(赤い三角部分)

ここをいかに塞いであげられるかがポイントになります。

 

車用品のコーナーに行くと、

それを目的とした商品がいくつもあります。

ありすぎてどれを買っていいか迷うほどですが、

個人的にはわざわざ買わなくてもいいのではと思います。

 

例のごとく、

私自身いろいろと買って試しては見ましたが、

正直どれもしっくりこないため、結局使わなくなってしまいました。

結局は既成品ですので自分にしっくりくる感じを見つけづらいからだと思われます。

 

そんな中で私が見つけ出したおすすめの方法は、

『バスタオル』

を使った方法です。

 

 

◆シナケア流『バスタオル腰もたれ』の作り方

 

それでは作り方のご紹介です

 

 

①バスタオルを四つ折りにします

②四つ折りにしたものを端からクルクルと巻いて筒状にします

③それを車のシート、座面と背もたれの角部分(赤い三角部)に置きます

※ちょうど骨盤の後ろあたりに来る形になります

 

後は意識せず自然に背もたれにもたれてみてください。

骨盤と背中がそれぞれに後ろから支えられている感じがあればOKです

 

注:座り位置が浅くなるような感じがする場合は、あくまで自然に座れるように筒の形を工夫します。

 

 

◆おすすめの理由

 

シナケア流『バスタオル腰もたれ』の最大のメリットは自身の体型に合わせて調整が可能であることです。

・背もたれの角度
・筒の厚み

少々面倒であっても、この二点を工夫しつつ、自然に座れる位置を見つけていかれることで、軽自動車であっても高級車の座り心地をご体感いただけることでしょう。

 

シナケアでは、こういった工夫をご提案することで治療の効果を最大限に高めています。

 

営業で車に乗る時間が多く腰痛に悩まれていた患者様にたいしても、
この方法をご提案することで、
劇的に通院回数を減らすことができました。

 

もしも運転時、運転後の腰痛で御悩みの方がいらっしゃいまっしたら、

『シナケア流:バスタオル腰もたれ』を試してみてください。

 

きっといつもの腰痛が軽減されるのを感じていただけると思います。

 

そして、さらなる改善をお求めになられる場合は、

更に根深い根本原因の追求解決を行う、

シナケア総合治療の併用をオススメしたいと思います。

 

運転時の腰痛は筋肉の悲鳴

適切な治療はもちろんのこと
日常生活への適切なアドバイス
その相乗効果が魅力です

姿整とゆがみ外来はこちら

【骨盤クッションで骨盤のゆがみは治るのか?】名東区一社 シナケア

世の中には星の数ほど骨盤矯正のためのグッズが存在しますが、

個人的に患者様におすすめしている骨盤クッションがあります。

クッションというか、骨盤をはめる型みたいなものです。

もったいぶってもいけないので、
最初にご紹介しておきます。

 

これです。

↑画像クリックで公式サイトへ

 

その名も、、『Back Joy:バックジョイ(腰の喜び?)』

※シナケアでのお取り扱いはございません

 

無責任なことは言えませんので、

個人的に本当に色んなタイプを試してみましたが、

その中でも洗練された商品だと実感できましたのでオススメしています。

もちろん私も使用しています。

 

日々のデスクワークでそれをお尻の下に敷いて座っていただくことで、

骨盤の歪みから来る症状を和らげつつ、

治療院での治療の効果を持続させることができるため、

最短の治療期間で治っていただくことを目的としてのご提案です。

シナケアではこういった治療効果を助けてくれるツールを、

『治療補助具』と呼んでいます。

 

★ちょっと一言★
座る時の補助具がバックジョイならば、
立ち歩く時の補助具は靴やインソールになります。
実はこれがものすごく大切だったりしますので、
またの機会に詳しくお伝えしますね。

 

なぜ、

『治療具』

ではなくて、

『補助具』

なのか?

そこには理由があります。

 

で、ここで今日のお題の答えにつながるわけですが、

 

Q:『骨盤クッションで骨盤のゆがみは治るのか?』

A:ゆがみから起こる症状は和らぐが、ゆがんだ骨盤は治らない。

 

となります。

 

そうです。

骨盤のゆがみは治らないから『治療具』ではないんです。

 

骨盤の歪みが腰痛などの原因になってる方はとても多くいらっしゃいます。

もちろん、その症状を改善するためには、その骨盤を整える必要があります。

 

でも、骨盤ってそう簡単には整わないんです。

 

特に症状を引き起こすレベルにまでゆがんでいる骨盤は、
長年の悪い生活習慣によってじっくり歪んできていますし、
その生活を今なお続けておられるわけですからなおさらです。

 

デスクワークで腰痛を感じておられる方々、

とてもつらいですよね。

 

少しでも楽になりたいと、
ネットや雑貨屋さんなどで骨盤矯正グッズを見つけると、
ついつい試したくなります。

 

使い始めはなんだか楽になった気がします。

でも、一週間、二週間と使い続けているうちに、
だんだんに効果が解らなくなってきます。

 

使ってるけど、やっぱり痛い。。。

 

で、、結局お部屋の片隅で誇りをかぶることになります。

もしくは、最近ですとメル◯リなどを利用される方も増えてきているようで、
検索してみるとすごい数が出品されてたりします。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

オススメは、

 

『整えたあとに使う』

 

こういった骨盤矯正グッズは、

矯正治療を受けて整った骨盤で座ることにより、

その状態を維持することに使うのが一番効果的です。

 

つまりは、

治療の補助的に使うのが最適、

だから『補助具』と呼んでいるわけです。

 

そんなわけで今日のまとめです。

 

▶骨盤クッションで腰痛が治らないとお嘆きの方
 
⇒まずは信頼できる治療院で治療を受けた上で、再度『治療補助具』を併用してみましょう

 

▶治療院に行ってもすぐに戻ってしまうとお嘆きの方
 
⇒治療の効果を持続させるための『治療補助具』を併用してみましょう

※治療効果が持続しない場合は、セカンドオピニオンも大切な判断です
治療補助具やセルフケアも含めて、日常生活に対するアドバイスがもらえる治療院を選択されることをオススメします。

 

 

骨盤矯正はその後が肝心

適切な治療はもちろんのこと
日常生活への適切なアドバイス
その相乗効果が魅力です

姿整とゆがみ外来はこちら

【布団を変えると腰痛は治るのか?】 名東区一社 シナケア

前回のお話の続き、

腰が痛いとなると、皆さん独自に原因を推測されるわけでして、

そんな中で必ずと言っていいほど質問されるのが、

 

「布団を変えたほうがいいんでしょうか、、、?」

 

↑これです。

 

・朝起きたら腰が痛い

→寝てる姿勢が悪い?

→えっ!?もしかして布団が悪い?

→そういえば、ちょっとへたってきてるかも。。。

→布団変えなきゃ!!!

 

 

それに対しての僕の回答は、

 

「布団を変える前に、先ずは自分の身体を変えてみましょう。」

 

と、いたって冷静にお伝えします。

 

 

だって、
そもそも腰が痛くない人(腰に問題のない人)って、
どんな布団で寝ても痛くならなかったりするんです。

 

3才児が畳で寝てて、腰が痛いなんて言わないですよね?

 

そう考えると、
布団が根本原因じゃないのかもしれないと思うわけです。

 

そこで今日のお題につながるわけですが、

 

Q:「布団を変えると腰痛は治るのか?}

 

A:一時的には楽になるが、多くの場合やっぱりまた痛くなる(*_*)

 

となります。

 

 

布団って、結構いいお値段しますよね?

それに結構かさばりますから、古い布団の処理にも困ります。

もしかして布団が根本原因ではなかった場合には、

楽になったとしてもきっと一時的であり、

腰痛が治ら無かったショックも大きいんじゃないでしょうか?

 

ですので、

清水の舞台から飛び降りて布団変えるよりも前に、

先ずは一番身近な自分の身体を変えてみませんか?

と思うわけです。

そこに腰痛の根本原因が潜んでいることが多々あるからです。

 

自分の身体が変わるための最重要ポイント

すなわち『根本原因』は何なのか?

 

治療を始める上で、

それを見つけることがスタートとなるわけです。

布団を変えるのはその根本を治療してみてからでも遅過ぎはしないと思うのです。

 

シナケアでは、治療前の念入りなカウンセリングや検査、触診を行いますが、

それらの情報を踏まえながら経験豊富な推理力で根本原因を見つけ出していきます。

しかし、根本原因は本当に千差万別。

人それぞれに違います。

 

今後は実際にあった具体的な根本原因についてお伝えすることで、

みなさんのお悩みが治る一助になったらと思っていますのでご期待下さい!

 

この続きはまた、、、