総合治療院シナケア
総合治療院シナケア
〒465-0093
名古屋市名東区一社一丁目
100番地
エパーグレースビル1F
TEL:052-703-5589
受付時間:平日午前9:00~12:30
平日午後 15:00~20:00
土曜:9:00~18:00
休診日:日曜・祝日
最寄駅:地下鉄東山線「一社駅」
2番出口より徒歩2分

ブログ

2018.07.06元気のお裾分け

広い範囲で大雨が続いていますね

皆さんやご家族・ご友人がお住まいの地域は大丈夫でしょうか?

先日、大阪北部地震があったばかりですし、関西方面の被害も心配です。

ただでさえ足元が悪い状態です。

外出の際は特にお気を付けくださいね!

 

さてさて、梅雨明けまでもう少し…というところまで来ましたが、

湿気ジメジメ、気温もムシムシ、で

体調不良を感じる方もやっぱり多いです。

先日、スタッフも仲良くそろってお腹を崩しました(笑)

熱中症対策も含め、よくよく養生して、夏バテ知らずの身体にしていきましょうね。

 

そんな中…当院で一番元気なのは・・・・

 

そう!

子宝草!!

通称こだちゃん♡

 

みてください!どんどん育っています( *´艸`)

葉っぱから小さな赤ちゃんが芽を出したかと思うと、

どんどん大きくなって、根を出して

自分のタイミングで、ポトンと下に落ちます。

そしてそこで根をはって、むくむくむくーーーっと大きくなっていくのです。

毎日眺めていても日々変化があるので、とっても楽しいのですが…

 

なんせ育ちすぎてジャングル状態です(;’∀’)笑

鉢がいくつあっても足りず、

私(森下)もお家に連れて帰って、20個近く育てています。

 

どなたか、ご自宅で育ててくださる方、大募集中です!!

 

そしてそして、上記の写真、

ちょうど矢印のところ、みてください。

お母さんのこだちゃんの葉っぱがひとつ、枯れかけていますよね?

枯れているんだったら、取り除いた方がいいかな~と思って

持ち上げたら

なんと!

 

ここにも、赤ちゃんがしっかりついて育ってるーーーーー!!

すごい生命力!

 

いやなんかね、

ジメジメした湿気に「だるいな~」とか思って負けてちゃいけないなと、

しっかり食べてたくさん笑って、エネルギッシュにならなきゃなと、

元気をもらったのでお裾分けです(*^^*)

植物が元気だと、私たちも元気をもらえる気がします。

良い循環が生まれるというか、、、伝わりますか?

このこだちゃんのおかげなのか、

妊活コースの方から、チラホラと妊娠報告もいただいています。

少しずつ、少しずつ、この輪が広がっていけばいいなと思っています。

 

 

もちろん当院は、治療をするところなので、

エネルギッシュじゃないとき、たくさん笑えないとき、ありますよね。

大丈夫です、いつでもお越しくださいね。

また、急なご予約変更や体調のご相談なども、お気軽にご連絡ください。

 

この時期、誰しもが不調になりやすい時期です。

皆で乗り越えていきましょうね♬

 

ではではまた来週ー!

来週には梅雨が明けている予感?

鍼灸師&不妊カウンセラーの森下でした。

2018.06.29葉酸のはなし

こんにちは!

ワールドカップ日本代表が、決勝リーグ進出を決めましたね‼

私(森下)は100%のにわかファンですが(笑)、それでも

つい熱くなってしまいます!頑張る姿はとっても元気をもらいますね。

 

さてさて、当院は5つの外来を設けていますが、

そのうちの1つが「妊活専科」で、挙児希望の方が通ってみえます。

割合でいうと、総患者様数のおよそ10人に1人が妊活専科の患者様です。

そんな皆様にとって気になるキーワードの一つが「葉酸」

今週はこれについてお話したいと思います^^

 

あ、最初に伝えておきますが、この葉酸、

妊活中の方だけが摂ればよいものではありませんよ!

☆いつか赤ちゃんを産みたいな、と思っている女性

☆脳卒中や心筋梗塞が心配だな~と思っている方

☆貧血気味の方

必要です!必読です!!

 

葉酸の必要性って?

そもそも、どうして妊活中の方は特に葉酸を摂った方が良いのでしょうか?

葉酸はビタミンB群の一種で、たんぱく質や細胞をつくる時に重要な役割があります。

具体的には、赤血球の細胞の形成を助けたり、

胎児(細胞分裂が活発)の正常な発育に役立ったりするなどの大切な働きをしています。

このことから、妊活中の方に特に推奨されています。

また、上記の役割から、成人においては脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患を防ぐ

という研究結果が多数報告されています。

 

妊娠を希望されている女性へ

厚生労働省では、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間、食品からの摂取に加えて、

いわゆる栄養補助食品から1日0.4㎎(400μg)の葉酸を摂取することを勧めています。

 

特に神経管閉鎖障害のお子さんを妊娠したことがある女性、

抗てんかん薬などを服用している場合には、医師の管理下での葉酸摂取が勧められます。

※すべての神経管閉鎖障害が葉酸不足でおこるわけではありません。

 

さらに妊娠すると、通常の2倍の葉酸が必要となるとされています。

欠乏症になると悪性の貧血になるリスクが高まるとされているので、

妊活をしている方や貧血気味の方は、予防のためにも意識して摂取しておくとよいですね。

 

女性が意識し始めるといい時期

日常生活の中で、緑黄色野菜やレバーなど葉酸を含む食品を摂ることは、

意識して摂る時期に早すぎることはないと思います。

妊活中の女性や胎児にとって一番必要な時期は、上記にあるように、

妊娠する前から妊娠3ヶ月の時期。

妊娠したな、と気づいてから飲み始めては遅いですから、

将来子どもがほしいな、と考えている女の子はみんな

意識をもって摂取しておくことをおすすめします。

 

葉酸が含まれている食品

葉酸は名の通り、ほうれん草など、緑の葉物野菜に多く含まれていることから、

「葉酸」と名付けられたそうです♪

葉酸はほうれん草の他、モロヘイヤや枝豆、ブロッコリー、またレバーやナツメなどにも

多く含まれています。

ただし、ビタミンB群は水溶性で熱に弱いので、長時間お水に浸したり

熱を加えすぎたりしないように工夫が必要です。

また、葉酸の働きをよくするために、

動物性の食品に多く含まれているビタミンB12と一緒に摂るとより効果的です!

 

葉酸サプリについては、ドラッグストアに行くとたくさんの種類があって迷うところですよね。

迷ったら、薬剤師さんや登録販売者の方に相談するか、

私(森下)までご相談ください^^

小話も交えて、色々お話しましょう~

 

実は、、、

登録販売者の資格も持っている

鍼灸師&不妊カウンセラーの森下でした^^

2018.06.25【日曜営業】日曜営業もやってます!!

1403931476-467678_1

 

日曜営業、実はやってます!

平日、育児にお疲れのママさん!
平日、仕事に明け暮れるパパさん!
平日、バタンキューのお姉さん!
平日、飲み会続きのお兄さん!

 

せっかくの日曜なんで、シナケアでゆっくりしませんか?

 

ご予約お待ちいたしております。

 

【営業日】

第2.4日曜

 

【営業時間】
10:00~18:00

 

【コース内容】
担当師が限られるため、受付可能な外来・専科が限られます。

 

☆受付可能☆

 

痛み外来←Click

不調外来←Click

姿勢専科←Click

産後専科←Click

 

★受付不可★
・妊活専科
・美養専科
・女性外来

 

【クーポン】

下記のクーポンがご利用いただけます。

 

▼\ゆがみの徹底攻略/全身調整でいろんな不調もまとめて解決
姿勢ベーシックトライアルクーポン
通常価格13,000円 → 8,000円
↑Click

 

▼\身体のド真ん中/ゆがみの中心、骨盤を徹底解決!!
骨盤フォーカストライアルクーポン
通常価格9,000円→6,500円
↑Click

 

 

1403931476-467678_1

2018.06.22知識の備えーエコノミークラス症候群ー

\こんにちは!/

今週は、大阪を中心とした地域で大きな地震がありましたね。

ご自身やご家族はご無事だったでしょうか?

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

こんな時、いつも「次は我が身」と思います。

東海地域でも、いつでも大きな地震が起こりうるとされていますよね。

自分自身を守るためにも、大切な人を守るためにも、

今一度、非常時グッズや避難経路など見直しをしてくださいね。

こればっかりは、起こってから考えようでは遅いのです。

シナケアでも、スタッフで改めて見直そうと思っています。

 

さて、こんな時だからこそのテーマ

 

\\エコノミークラス症候群を予防しよう//

 

をお伝えしようと思います(*^^*)

ご存知の方も今一度確認してください◎

 

 

\飛行機内だけじゃない、エコノミークラス症候群/

エコノミークラス症候群とは、深部静脈血栓症や肺塞栓症のことです。

名前にある通り、飛行機の移動で長時間座りっぱなしの旅行者が陥りやすいことから、

こんな名称がついていますが、最近では、震災や事故で電車等で長時間過ごすことを余儀なくされたり、

避難生活の際に車で寝泊まりする方も増えたりと、災害時に起こりうることとして、注意勧告されています。

 

具体的に説明すると…

 

食事や水分を十分にとらない状態で、車などの狭い空間に長時間座っていて足を動かさない

血行不良が起こり血液が固まりやすくなります。その結果、血の固まり(血栓)が血管の中を流れ、

肺に詰まって肺塞栓などを誘発する恐れがあります。(厚生労働省HPより)

 

☆食事や水分を十分にとらない

☆長時間座って足を動かさない

この2つ、まさに!災害時に陥りやすい状況です。

 

\こんな方は特にお気を付けください/

高齢の方や、血管自体に障害を持つ方、がん患者の皆さん、

また、妊娠中や出産後の女性、経口ピルなどのホルモン剤を服用している女性は、

血栓(血の塊)ができやすいため特にお気を付けください。

 

\どんな症状が起こるの?/

どこに血栓ができるか、で症状は変わってきます。

 

まず足に血栓ができると、片足が腫れたり、部分的に赤くなったりなどの症状がでます。

足に痛みを伴うこともあります。

その場合、両足ではなく、片足に症状が現れる場合が多いとされています。

 

その足の血栓が肺に到達し、肺の血管を塞ぐようになると、

呼吸困難による息切れや胸の痛みなどの症状が現れます。

重症化すると、冷や汗がでたり、意識を失ったりするケースもありますので注意が必要です。

 

これらの症状が、足のみ出る場合、両方出る場合など、症状や重症度はひとそれぞれで、

症状の出るタイミングもまたそれぞれです。

じっとしている状態から脱したとしても、しばらくの間は注意して過ごしていただくのが賢明だと思います。

 

では最後に予防策を紹介しますね。

厚生労働省HPより引用しています。ぜひご参考にして下さい。

 

 

\エコノミークラス症候群にならないために/

・ときどき、軽い体操やストレッチ運動を行う

・十分にこまめに水分を取る

・アルコールを控える。できれば禁煙する

・ゆったりとした服装をし、ベルトをきつく締めない

・かかとの上げ下ろし運動をしたりふくらはぎを軽くもんだりする

・眠るときは足をあげる

 

足の指をグーパーグーパーと動かす運動もおススメです!

 

なんとなくでも、今日のテーマのことを頭の片隅に入れておいていただくと、

いつかの時にきっと役立つかと思います。ぜひ^^

 

どの災害の時にもそうですが、直後だけでなく、その後段々と疲労がたまってきて

体調を崩す方も多くいらっしゃいます。

体力や精神力、被害の大きさなど人それぞれで、無理をしなくてはいけないときも

あると思いますが、

そんな時こそひとりですべて抱え込むのではなく、助けてもらいながら

休憩しながら、一歩一歩進んでいただきたいなと思います。

 

 

微力ながらお手伝いできることがあれば、いつでもご連絡ください!

鍼灸師&不妊カウンセラー 森下

2018.06.15つわりのはなし

こんにちは!

みなさんいかがお過ごしですか?

田舎育ちの私(森下)は、コンクリートにやや疲れ気味。

最近土が踏みたくて仕方ありません!笑

梅雨が明けたら、キャンプに出掛ける予定です♪

 

さてさて、そんな個人情報はおいておいて

今週は「悪阻(つわり)」についてお話したいと思います。

妊娠希望の患者様が多くいらっしゃる当院では、気になる話題です(^_-)

 

悪阻ってなにもの?!

悪阻は、妊娠・出産を望む女性にとって、みんなが通る通過点。

症状のほとんどない方から、重い症状の方から様々です。

悪阻の時期も、初期で収まる方もいれば、出産まで続く方もいて、個人差があります。

悪阻の原因や個人差は何だろう?と疑問に思いますが、医学的に原因ははっきり実証されておらず、

ホルモンの関連(例えば、胎盤が完成されるまでの間に活発に分泌されるホルモンの影響など)といった説、

ストレスなどの精神的なものが原因といった説など様々あります。

 

悪阻は妊娠4~16週に発症し、妊婦さんの70~80%にみられます。

症状としては、起床時などの空腹時に悪心や嘔吐を訴えることが多く、

唾液の分泌過剰、食嗜好の変化、胃腸障害などの症状も認められます。

「食べづわり」「吐きづわり」「よだれづわり」なんて呼ばれることが多いですね。

 

東洋医学で紐解くと…

東洋医学的にみると、胎児は“陽気の塊”といわれ、それが母体に備わることによって

陰陽のバランスが陽に傾き、さらに陽に区分される上半身を中心とした症状が現れると考えられています。

(それでいうと、下半身は陰に区分されます。それで下半身に冷えを訴える方が多いんですね~)

 

当院の鍼灸治療では、その時々の悪阻症状をお伺いし、それにみあったアプローチをしていくことで、

悪阻症状の緩和を図っていきます。

例えば、この時期は湿気が多くジメジメした気候の影響で、

体内に湿気の溜まった「内湿」による胃腸の不調を抱えてみえる方が多くいらっしゃいますので、

内湿を流すようなツボや、胃腸を整えるツボを使っていきます。

 

悪阻症状も日々変化し、「昨日はこれが食べられたのに今日は食べられない」なんてこともよくあることです。

食事のバランスは二の次、自分が食べられそうなものを見つけて、とにかく旦那さんに甘える!に徹してくださいね^^

旦那さん、よろしくお願いしますね~

 

妊娠や出産前後に不安を抱えている方、どんなことでもご相談の問い合わせ、お待ちしております。

抱え込まず、当院にお越しくださいね^^少しでもお力になれるように、サポートさせて頂きます。

 

ではではまた来週♬

鍼灸師&不妊カウンセラー 森下